続インターペット・ドッグショーに行く意味

こんばんは

トリミング&ケアサロン

スマイリーココの大久保です(^-^)/

前回のブログ 3月31日(土)インターペット(土)の続きです。

お世話になっている

メーカーさんで

Dill くん乗ってって〜

の言葉で、

タップマスター2

に乗せてみました^ ^♪

とても優れもので

運動不足ワンちゃん、お散歩不足のシニア犬に最適なマシーンとのこと。

ワンちゃんだけでもいいし、飼い主さんが抱っこして乗ってもいいのだそうです。

(写真提供:メーカーKPSさん)

Dill は台の上が苦手なので

速攻降りてしまいました

(苦笑)

続いて

向い側の会場で行なわれている

《FCIジャパンインターナショナルドッグショー》

Dill のお里

アトランティスプードル

ファミリーの応援とシェルティの応援に行って来ました♡

例のごとく

ショー最中の写真撮り忘れました(~_~;)

軽くアトランティスファミリーのオフ会。

気付けば、オフ会メンバーみんな男子という(笑)

どちらの男子も

女の子が怖いらしく

Dill が行ったら大喜びで大歓迎!

(≧∇≦)笑笑

とても楽しかったデス!!

ドッグショーに行くのには理由があって

地家訓練所

地家 慶一先生による

専門学校の訓練授業の際

よく言われたのが、

『いい犬をたくさん見て目を肥やしなさい。

例えば、"鮨屋"

本物の江戸前寿司を知らないで、

回転寿司ばかり入って食べていたら

回転寿司の味に慣れちゃって、本物の鮨が分からなくなる。

なんでも一緒!

本物を知ること。

目を肥やすことにより

お客様が欲しいと望んでいる犬種のスタンダード、

最高の仔犬を引き合わせてあげることができる!

だからな、

子どもに回転寿司ばかり食べさせちゃダメなんだよ。

本物の味がわからなくなっちゃうから。

特に子どもの頃に一流の本物の鮨を味わうと一生覚えてるもんだ。

後にどんな鮨を食べてもベースが出来てるから騙されない』

私もその通りだと思う。

どの世界でも同じだと思う。

一流を知ることの大切さ。

トリマーも然り。

あと、

ドッグショーに行った時、必ず見ることがある。

それは、

ハンドラー・トリマーさんによる 犬のセットの方法。

これ見てます。

分からないことを質問することもあります。

(だいたい知り合いの方にですが)

そうやって、ペットカットではない本物を勉強することも

トリマーには必要だと思います

(*´꒳`*)

さっ!!

私も皆さんに負けないよう頑張らねば♪٩( ‘ω’ )و

トリミング&ケアサロン

スマイリーココ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です